売りペンションを買い取ってAirbnbに登録

Airbnbが日本において圧倒的な勢いでシャアを伸ばしています。
ただ、日本には旅館業法という法律があるため、実は法律的にグレーでもあります。
Airbnbにホスト登録して摘発を恐れるのは杞憂だと思いますが、石橋を叩いて渡るような性格の人は、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。
日本でAirbnbの勢いが伸びているのは、円安と東京オリンピックの需要もありますが、圧倒的に宿泊施設の数が足りていない、ということも大きな原因です。さらに欧米のバックパッカーの中には、「現地の一般住居に泊まりたい」という需要が多いのです。
今、勢いはAirbnbにあります。
東京オリンピックまでは需要が増え続けるでしょう。それでも二の足を踏んでしまうかたは、法律的にホワイトな物件を選んでAirbnbを始めれば良いのではないでしょうか。
現在、日本への海外観光客の増加が続いていますが、日本国内での宿泊需要は減っています。その影響で廃業してしまう民宿やペンションが多いのです。
おそらく民宿やペンションのオーナーがAirbnbのサービスを知っていて、民宿やペンションのままAirbnbにホストとして登録すれば、売上が飛躍的に伸びると思います。
しかしながら、民宿やペンションのオーナ―も高齢化が進んでいます。Airbnbのようなサービスを理解できないかたも多いのでしょう。今現在では民宿やペンションの叩き売り状態になっているのです。
脱サラしてペンションを経営しようというかたは、いつでも一定数おられると思います。
今は参入に絶好のタイミングです。各地の観光地において民宿やペンションが格安で購入できることに加えて、Airbnbのホストとして登録すれば、世界中から観光客が呼び込めるのです。
辛いサラリーマン生活のうえ、希望退職の候補になっている方、もし割増で退職金がもらえるようでしたら、ぜひ民宿やペンションを格安で買い取って、Airbnbに登録することをおすすめします。
民宿やペンションなら、都道府県知事の許可もすでの取っ手いるわけですから、法律的にもホワイトなのです。

SNSでもご購読できます。