未使用の建築物を有効活用出来るサービス

遺産相続によって手に入れた住居が放置される事があります。親が老衰によって生涯を全うすると古くなった住居だけが残されます。それらを引き継いだ所で誰も住む人が存在しないのです。古い住居であればリフォームして有効活用する手段もありますが、失敗した時にリフォーム費用を回収出来ないのでリスクが存在するのです。そのリスクは古い住居を壊して土地を再利用する場合にも発生します。つまり古い住居が存在している土地は有効活用しようとするだけで、リスクを抱える事になってしまうのです。それ故に解体工事に依頼する事もなく、古い建築物が取り残されたままの状態が作られてしまいます。問題は毎年必要な固定資産税の支払いだけですが、古い住居には虫や動物が住み着く事もあり、近隣の住民に迷惑を与えてしまう恐れがあるのも事実です。だから宙ぶらりんな状態の住居を保持する人は、日本のあらゆる場所において存在しています。それに一石を投じたと評されているのがAirbnbです。Airbnbは外国のとある人物がペアを組み構築したウェブサイトで、未使用の建築物を所有している人に登録を推奨しています。理由はAirbnbのウェブサイトを通じて、宿泊施設として貸し出したいと考えているからです。有効活用されていない物件を貸し出す事に成功すれば、少なくとも多少の売上を得る事は出来ます。中にはAirbnbを用いる宿泊希望者に上手くアピールして、本業を上回る収入を得ている人も存在するのです。Airbnbを利用する人の多くは、休息出来る拠点の確保と現地での生活を体験を目的にしています。よって古くなった家屋は逆に味のある建築物と評価され、利用者の間で話題になる事もあるのです。Airbnbの利用者のためにリフォームしなくても、十分な利益を得られる可能性があります。住居における古いという要素は本来であればデメリットでしかありません。宿泊施設の貸し出しサービスを用いる顧客層の考え方が良い作用を与えたと言えます。

Airbnbは日本でどこまで普及できるのか

Airbnbの日本での普及はなんだか法律の壁があって難しいようですが増えていないこともないみたいですね。
旅館業法という法律がそれらしいですが、法律の存在そのものがおかしいとは私は思いません。宿泊施設って
火事とか食中毒とか問題になることもあるので何も法的規制が無ければそのほうが問題だと思います。日本
以外の国でも同じような法律がある国はいくつもあるそうなので特に日本が異常だとか規制でがんじがらめ
ということではないでしょう。それでもAirbnbは世界にどんどん広がっていますし、日本も観光立国を目指している
以上何か手を打たないと増加する外国人観光客に宿泊面で対応が追いつかなくなるのではないでしょうか。
ホテルや旅館の建設といってもすぐにできる物ではないですし、Airbnbに登録されている物件も旅館業法上
グレーな扱いのまま増えていったのではいつか大きなトラブルになる恐れがある、というかもう既にトラブルに
なっているようです。なし崩しに法律を実質的無力化してしまうかそれとも時代に合わせて変えていくかどちらが
望ましいかといえば、日本は法治国家ですから後者に決まっています。2020年の東京オリンピックに向けて
これからますます観光客が増える、増やそうとしているのですから時間はありません。すぐに法律を時代に
対応させなければいけませんが、関係各省庁の思惑がそれぞれあってスムーズに行かないのはいつもの
事ですから大きなトラブルが起きるまでこのままの状態が続くかもしれませんね。今外国からの観光客が増えて
いるのは円安が大きな要因となっているのでこれが円高方向に向かえば確実に外国人観光客は減少します。
それでも国の長期的政策として観光立国を目指し、中国人観光客の爆買いに象徴される、外国人観光客という
消費者のおかげで膨らんだ経済は簡単にしぼませる訳にはいきません。円高傾向となっても外国から来てもらう
為には宿泊費用が安く済む方法なり施設なりを用意しておかなければならないと思います。その一つがAirbnbだと
思うので今のうちに早く法律を整備するべきなのですが、既得権益とか省庁間の綱引きとかどうとかこうとかで
いつまでも前に進まないのが日本のお役所ですからあまり期待はできませんね。

売りペンションを買い取ってAirbnbに登録

Airbnbが日本において圧倒的な勢いでシャアを伸ばしています。
ただ、日本には旅館業法という法律があるため、実は法律的にグレーでもあります。
Airbnbにホスト登録して摘発を恐れるのは杞憂だと思いますが、石橋を叩いて渡るような性格の人は、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。
日本でAirbnbの勢いが伸びているのは、円安と東京オリンピックの需要もありますが、圧倒的に宿泊施設の数が足りていない、ということも大きな原因です。さらに欧米のバックパッカーの中には、「現地の一般住居に泊まりたい」という需要が多いのです。
今、勢いはAirbnbにあります。
東京オリンピックまでは需要が増え続けるでしょう。それでも二の足を踏んでしまうかたは、法律的にホワイトな物件を選んでAirbnbを始めれば良いのではないでしょうか。
現在、日本への海外観光客の増加が続いていますが、日本国内での宿泊需要は減っています。その影響で廃業してしまう民宿やペンションが多いのです。
おそらく民宿やペンションのオーナーがAirbnbのサービスを知っていて、民宿やペンションのままAirbnbにホストとして登録すれば、売上が飛躍的に伸びると思います。
しかしながら、民宿やペンションのオーナ―も高齢化が進んでいます。Airbnbのようなサービスを理解できないかたも多いのでしょう。今現在では民宿やペンションの叩き売り状態になっているのです。
脱サラしてペンションを経営しようというかたは、いつでも一定数おられると思います。
今は参入に絶好のタイミングです。各地の観光地において民宿やペンションが格安で購入できることに加えて、Airbnbのホストとして登録すれば、世界中から観光客が呼び込めるのです。
辛いサラリーマン生活のうえ、希望退職の候補になっている方、もし割増で退職金がもらえるようでしたら、ぜひ民宿やペンションを格安で買い取って、Airbnbに登録することをおすすめします。
民宿やペンションなら、都道府県知事の許可もすでの取っ手いるわけですから、法律的にもホワイトなのです。

Airbnb(エアビーアンドビー)のホストの責任とは

Airbnb(エアビーアンドビー)でホストになるときには、ホストの責任というものがあるということも考えておかなければいけません。そのために、Airbnb(エアビーアンドビー)でも「ホストの責任」というページがあり、かなり長い説明が割かれています。
Airbnb(エアビーアンドビー)は、ある意味では、ホストとゲストのマッチングを行っているだけですから、ここまで責任というものを訴える必要もないのかもしれませんが、サービスを提供している側の責任というものも果たしているのかもしれませんね。
また、ホストの責任だけではなく、「ホスピタリティの基準」というものにもページを割いています。この「ホスピタリティの基準」「ホストの責任」に加えて、ゲストの安全対策ということにも配慮することを求めています。ホストの責任として、最初に挙げられていることも、その「安全」ということです。
「ゲストにとって安全な場所にするにはどうすればいい?」ということについても、別に1ページ割いています。とことんまで、ホストやゲストのことを考えていることがうかがえます。ここまで熱心にこういう情報を記載しているサイトって、案外ないように思います。
安全の項目には、「緊急時の対応」という内容が続いています。地元の救急・消防・警察の電話番号、最寄りの病院の情報を、ゲストに分かりやすいように明示しておくことを推奨しています。そういう場所に連絡しにくいゲストのことを考えて、ゲストがホストに連絡できるようにしておくこともすすめています。ゲストが困ったときに誰に連絡をとろうとするかを考えたら、やはりホストに連絡したいでしょうからね。現地でAirbnb(エアビーアンドビー)に連絡してもどうにもならないこともあるでしょう。救急や警察や消防、病院というほどのことではなくても困ることはあるわけです。そのときにはやはりホストが一番でしょうからね。このように緊急時の連絡先、連絡体制をしっかりと明示しておくようにしておきます。

Airbnbは現地の人たちの触れ合いが良い

Airbnbでは宿泊宿を探す旅行者をゲストと言いますが、そのゲストが日増しに増え続けています。それは、Airbnbを利用して旅行した人たちの満足度が高いという事なのです。

このスタイルが流行りだしてからは、賃貸物件をAirbnb向けに内装を変更したリフォームをして綺麗な部屋を提供しているオーナーが増えてきているからです。

個人旅行の場合は一戸建てではなく、ワンルームなどのアパートで良いのですが、その部屋の中の家具類やキッチンの道具なども可愛い物を取りそろえていると、借りたいと思うゲストの方が増えるのです。

そして、数日間の利用ではあっても落ち着いて住むことが出来る部屋である場合は、実際に借りた人のレビューのポイントも高くなります。そうなってくると、次々とその物件を借りたいと思う人が増えるのです。

特に有効なのが、Airbnbで物件を提供しているオーナーと情報を交換することです。その地域で物件を所有していると人は、その地域一帯のアミューズメントパークやレストラン、ショッピングセンターなどの情報も何でも分かる人なので、生活のコツなどを聞くのです。

すると、現地の人が楽しんでるようなお店を教えてもらえるので、以前からその土地に住んでいるかのような生活をすることが可能になります。

旅行をする際には、世界遺産や巨大スタジアムなどを訪れるのも楽しみの1つですが、現地の人たちが毎日暮らしているような同じ生活を楽しむという方法もあるのです。

これが旅行ツアーの場合では、世界中どこでも同じようなホテルになってしまうので、Airbnbにて現地の人たちの感覚を楽しめるのは1つのメリットになるのです。

昼間に観光地などを巡り、夕方から夜間に関しては自分で好きなレストランに顔を出してみたり、食材を調達して始めて作る料理を楽しんだりする事が出来ます。また、ワインやブランデーなどを現地で購入して楽しむという考え方もあるのです。

このようにAirbnbを利用する旅行は自由がたくさんあって楽しめるのです。

旅は自分の考え方をいい意味で変えてくれる

暮らし方は地域によってずいぶん差があるものではないでしょうか。
例えば沖縄などの地域では、台風に備えて家の高さや石垣はあまり高くないものが多いといいます。
また北海道などでは、家の扉が二重になっていたり寒さに強い構造になっているとか、実際その地域に住まないとわからないことってありますよね。
そんな気持ちを後押ししてくれるのが現地で家を借りられるAirbnbです。
現地で暮らす、旅先で暮らすということは今まで考えることがあまりありませんでしたが、確かに旅行しているときは例え現地で寝起きしていても、無機質なホテルや旅館、民宿などでとても味気ないものです。
旅行して現地のことを知った気になっていますが、実際に住んでみないと本当のところの暮らしは全然わからないものですよね。
もちろん現地暮らしに興味ないという人もいるかもしれませんが、せっかく自分の休みを消化して旅行をするのなら、自分の知らないことをどんどん吸収することは、ある意味人生勉強です。
自分の考え方って、自分の立ち位置からしかできないじゃないですか。
その立ち位置って、例えば社会的地位だったり、はたまた生い立ちだったり、また自分の住んでいる場所からだったりすると思います。
例えば暑い地域に住んでいる人には、北国の寒さがわからないように、あるいは北国の人は茹だるような暑さがあまり理解できないようになど、自分の住んでいる地域によって、自分の感じ方や考え方が凝り固まることもあるかと思います。
旅はそんな自分の凝り固まった考え方をいい意味で破壊してくれるものではないでしょうか。
その旅をもっともっと面白く感じさせるなら、現地暮らしも悪くないですよね。
自分が知らない町で、自分が知らない色々な体験をすることはいくつになっても新鮮ですよ。
もちろん年を重ねてからもいいですが、できることなら若いうちから色々なことを体験するとすごく思慮深い人間に成長できると感じます。
Airbnbなら、そういう体験を増やしてくれるかもしれません。

Airbnb(エアビーアンドビー)のデメリットについて

Airbnb(エアビーアンドビー)というものには、さまざまなメリットもあります。
たとえば、Airbnb(エアビーアンドビー)ですが、現地でさまざまな自宅や、家などを借りることができますので、ホテルよりもずっと広く、そして安い物件を借りることが可能となっています。
ですので、グループでの旅行だったり、あるいは現地での家に住んでみたい、と言う人や、またいつものホテルの旅が飽きたという人にもおすすめです。
世界中で家を探すことができますので、一風変わった旅のプランと言うのを組み立てることができるというのが大きなメリットなんですね。
しかし、こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスですが、実はよくないデメリットなども存在します。
やはりこうした画期的なサービスですが、賢く利用するとメリットはありますが、その反面危ない面もあるのだといわれています。
たとえば、こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスを利用してみたけれど、利用したら、観光客に家を壊されてしまった、ということや、また破損してしまった、ということもあるようです。
たとえば、大切な自宅をこのように壊されてしまったらショックですよね。
こうしたことは、きちんとAirbnb(エアビーアンドビー)にいうと、保証金などは払われたようですが、これがいくらまで払われるのかは分かりません。
しかし、こうした壊されてしまったりするリスクなどはやはりあるようですね。
また、さらには殺人事件だったり、薬物だったり、さまざまな事件に巻き込まれてしまうというリスクがあります。
たとえば、宿泊をする人が、そうした怪しい人ではないという可能性はゼロではありませんし、もしかすると、そういった人たちに宿を貸したということで、自分自身が事件に巻き込まれてしまったりするのですね。

こうしたことから、さまざまなリスクがあるのだといわれています。
ですので、デメリットも踏まえてから利用しましょう。

Airbnb初心者には日本国内での利用がまずオススメ

 海外旅行でAirbnbを利用するのにまだ抵抗感があるという場合には、まず日本国内でAirbnbを利用してみてはいかがでしょうか?観光地として有名な沖縄ではAirbnbを提供しているホストがおり、それらのホストの部屋をAirbnbで借りてみるのです。

 沖縄ならばホストの人たちも観光客に対してかなり優しいですし、もともとおもてなしの精神が備わっているので安心です。そして、まずは文化のほぼ共通している日本国内、日本人ならばその分安心して利用することができます。

 もちろんそれでも不安要素がまったくないわけではありませんから、レビューをチェックしたりなど基本的なことを怠ってはいけないと思います。しかし、海外旅行でAirbnbを利用するよりかは格段に利用しやすいことは間違いなく、まず初めにAirbnbのサービスを利用するなら日本国内のほうが無難です。

 そこでまったく知らない人の民家に泊めてもらう感覚を体で覚え、さらにその楽しさを味わうことができれば、Airbnbの良さもしっかりと伝わるはずです。Airbnbを利用すれば現地の人ととても密接に触れ合うことができますし、それが沖縄県民だったらコミュニケーションを取りやすいのは言うまでもありません。また、使っているのが同じ日本語なわけですから、言葉の壁がないのも大きなメリットです。

 Airbnbで日本国内のホストを探してみると結構その数は多いですし、そこに泊まってみることで体験してみるのも悪くない考え方です。そもそもAirbnbを最初から最後まできちんと使えるかどうかを試すこともできますから、そこで何もトラブルがなければ安心してまた次回使用することができます。そして、そのときは海外旅行という形にしても良いのではないでしょうか?

 日本国内とはいえいろいろなホストがいますから、日本国内なら絶対大丈夫だと断定できるわけではありません。しかし、まずは身近な日本国内のホストを探し出せばそれなりに安心できますし、Airbnb初心者にはオススメです。

海外旅行を格安に叶えるためにはAirbnb

学生の頃、非常に世話になった存在といえばAirbnbです。
学生のうちにたくさん海外旅行をしておくことが夢だったので、アルバイトを頑張っては海外へ出かけるといった日々を繰り返してきましたが、宿泊先を決めるにあたってはシティホテルやユースホテルなどを利用するよりも、Airbnbというサービスを活用することがとても多かったです。
Airbnbを活かすことにより、一般的なホテルに泊まるよりもかなり宿泊費用を抑えることが出来たりもしましたし、現地の人の生活を実際に体感して、異文化を堪能することが叶えられたりもしたので、とても思い出深い海外旅行を楽しむことが出来たのです。
一般的なホテルであれば、結構まとまった費用を請求されてしまうことが多いのですが、Airbnbなら大変リーズナブルな価格で広い家を借り入れることが出来たり、ホテルでは得られない体験を手に入れることができます。
また、Airbnbを利用することの最大の醍醐味といえば、ホストさんとコミュニケーションを楽しめることだと思います。
実際に家に泊まらせて貰う前に、不明なことやわからないことなどがあっても事前に連絡を取り合って解決しておくことができるので、非常に安心でした。
海外にせっかく繰り出したとしても、現地の一般人とコミュニケーションを取り合ったり、仲良くなれる動機を得られるというのはかなり限られてしまっていることが多いものです。
しかし、Airbnbを活用すると、自然と現地の人と接点を持つことが出来て、親しくなることが出来たり、いろいろな現地の情報を教えてもらえたりするのでとても安心です。
ガイドブックでは得られない知識や現地ならではの情報を与えてもらえたりすることもよく有りましたし、Airbnbではホテルとは違い、現地の人の暮らしぶりをそのまま味わえるといった点も醍醐味でした。
家を貸してもらうことが出来ますので、料理なども自分で自炊して楽しむことが出来るのです
Airbnbは旅行中の滞在費やホテル料金や食費を節約したい人におすすめです。

Airbnb(エアビーアンドビー)は24時間365日サポート

Airbnb(エアビーアンドビー)は24時間365日サポートしてくれるそうです。宿泊中のゲストも、宿泊させているホストも、Airbnb(エアビーアンドビー)の世界一流のサポートチームが問い合わせに応えてくれるそうです。自分たちで世界一流と言ってしまうところがすごいですが、それだけ自信があるということなのでしょう。
Airbnb(エアビーアンドビー)でホストになる人は、ゲストのプロフィールやレビューを確認するようにしましょう。認証済みの電話番号や接続済みのSNS、紹介文などをきちんと確認し、Airbnb(エアビーアンドビー)でホストをしている他の人のレビューにも目を通すことは必須です。
ゲストのプロフィール情報が足りないようなときには、ゲストに頼んで、予約をする前に、プロフィールに本人確認の認証を追加するようにしてもらうこともできます。トラブルを避けるには、できるだけのことを事前にすべきなのでしょうね。
ここで気をつけることは、ゲストと直接やりとりしないということです。このようなことはすべて、Airbnb(エアビーアンドビー)を通しておこなうようにしなくてはいけません。サイトにあるメッセージシステムを使っておこなうのです。言った言わないのトラブルを避けるには、記録を残すことと、第三者を入れるということでしょう。
信頼できるゲストからしか連絡を受けたくない場合には、リスティングに予約の必須条件を設定するようにします。この設定をしておくことで、それ以降は、ゲストがID認証確認をおこなわないかぎり、ホストにメッセージや予約リクエストを送ることができなくなります。
ゲストに守ってほしいことは、ガイドラインを設定して、ハウスルールに記載しておくようにします。日本人なら当たり前のことだとしても、外国人にとっては当たり前のことではないかもしれません。言わないとわからないことが数多くあることも予想できますから、ハウスルールはきちんと記載します。そんなことまで必要?と言うほど書くべきかもしれません。