エアービーアンドビーの問題点

Airbnbでトラブルになった時は

最近ちょこちょこニュースでもAirbnbの事が出るようになりました。内容としては、日本国内ではAirbnbは無許可でできるため、違法ではないか、という事です。ホテルや旅館など金銭を払って人を宿泊させる施設は届け出が必要であり、営業許可を受けるためには建物が防火設備が整っているか、避難経路は確保されているか等の厳しいチェックがあります。そうしたチェックに合格して営業ができるのであり、それに比べてAirbnbは金銭を払って宿泊させるという点では同じだけど、そうした届け出が不要であることが問題と言われています。

旅館業者やホテル業者からすると大事なお客をAirbnbにとられるので、いい分はよく分かります。確かに安全の面からも今のままではAirbnbは問題かと思います。しかし私が気になるのは他の点でのトラブルです。我が家には4歳と1歳の子供がいます。今は子連れでAirbnbを楽しむ人もいますが、Airbnbが普及すれば今後もそういった世代は増えていくと思います。私がAirbnbを子連れで使用するときの心配点は、家の中にある備品を壊したときの事です。ホテルや旅館は最初から部屋にほとんど何もない状態なので、特に心配はありません。

しかしAirbnbは一般の家や部屋を貸し出すサービスであり、家電や家具、装飾品なども最初から全てそろえてある状態です。もちろん割れものもあります。我が家の動きたい盛りの子たちが、もし誤ってそうした備品を壊した際はどうなるのだろうか、とふと疑問になりました。Airbnbはあくまでも仲介サイトなので、基本的にやりとりは家のオーナーと借りる側との直接交渉です。そのため備品が壊れた際などはオーナーに直接説明して弁償などになるかと思いますが、そうした時の規定がはっきりしないのもAirbnbの不安定の要因です。もし壊した備品が高額な物だったら、と考えると、それだけでもAirbnbを利用するのが怖くなります。

またオーナーは本当にいい人ばかりなのか保証もありません。Airbnbが普及するのにはもう少し時間がかかりそうです。

Airbnb(エアビーアンドビー)のデメリットについて

Airbnb(エアビーアンドビー)というものには、さまざまなメリットもあります。
たとえば、Airbnb(エアビーアンドビー)ですが、現地でさまざまな自宅や、家などを借りることができますので、ホテルよりもずっと広く、そして安い物件を借りることが可能となっています。
ですので、グループでの旅行だったり、あるいは現地での家に住んでみたい、と言う人や、またいつものホテルの旅が飽きたという人にもおすすめです。
世界中で家を探すことができますので、一風変わった旅のプランと言うのを組み立てることができるというのが大きなメリットなんですね。
しかし、こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスですが、実はよくないデメリットなども存在します。
やはりこうした画期的なサービスですが、賢く利用するとメリットはありますが、その反面危ない面もあるのだといわれています。
たとえば、こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスを利用してみたけれど、利用したら、観光客に家を壊されてしまった、ということや、また破損してしまった、ということもあるようです。
たとえば、大切な自宅をこのように壊されてしまったらショックですよね。
こうしたことは、きちんとAirbnb(エアビーアンドビー)にいうと、保証金などは払われたようですが、これがいくらまで払われるのかは分かりません。
しかし、こうした壊されてしまったりするリスクなどはやはりあるようですね。
また、さらには殺人事件だったり、薬物だったり、さまざまな事件に巻き込まれてしまうというリスクがあります。
たとえば、宿泊をする人が、そうした怪しい人ではないという可能性はゼロではありませんし、もしかすると、そういった人たちに宿を貸したということで、自分自身が事件に巻き込まれてしまったりするのですね。

こうしたことから、さまざまなリスクがあるのだといわれています。
ですので、デメリットも踏まえてから利用しましょう。