2015年 10月 の投稿一覧

Airbnb(エアビーアンドビー)の良い所

現在、Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスが大変人気となっています。こちらのairbnb代行の口コミでおすすめのAirbnb SupportersではAirbnbのサービスについてわかりやすく説明しているので是非覗いてみてください。
Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスですが、まずはこうしたサービスは、非常に便利であるというメリットがあります。
世界中で、自宅、またマンションなどを借りることができますので、ホテルとは違った旅を楽しむことができますし、またホテルに飽きたという人も、新しいオリジナリティあふれるたびなどを計画することができます。
また、現地の家に滞在するということで、現地の生活感などを楽しむことができますし、現地の文化を堪能することができるというメリットがあります。
また、こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスですが、とてもサービスが充実していて、たとえば、ものが壊れてしまった場合や、また何かあった時の補償などもしっかりとしているということが大きなメリットです。
個人の間でこうした貸し借りなどをするというのはとても難しいものですし、不安なこともあると思います。
しかし、こちらのサービスでは、すべてエアビーアンドビーが代行してくれますし、仲介役をしてくれるということになりますので、たとえば、料金が未払いであるということなどもありませんし、安全に使用することができるのです。
こうしたエアビーアンドエアビーですが、このようにメリットがたくさんあります。
サイトなどのホームページでは、イメージ写真なども見ることができますし、またホストの写真や、またさまざまな住宅を検索したりすることができます。
現地の家を借りたいと考えている場合は、こうしたホームページの条件からピックアップをしてみるとよいと思います。
このように、さまざまなメリットがありますので、旅が好きな方や、世界中に旅をしたいと考えている人にはとてもおすすめとなっています。
また、こうしたサービスを受けるのには、誰もが登録をすればできますので、とても気軽に利用できるというのがメリットです。

アパート経営している友人はAirbnbで儲けているらしい

アパート経営をしている友人が、最近空き室が増えて入居者を集めるのが大変なので家賃を下げないといけないかもしれないと悩んでいたのですが、Airbnbを始めてからその悩みが解消したそうです。
Airbnbのことを全く知らなかったので、それ何って聞いたら空き室に入居する人を探すのをやめて旅行者に貸すことにしたのだとか。
インターネットの世界では旅行者にホテルではなくて泊まれる家を紹介するシステムがあるそうです。それがAirbnbで、サイトに登録しておくと宿泊希望者を紹介してもらえ、宿泊者が決まったら手数料をサイトに支払えば良いだけです。空き室が有効利用できるようになったので家賃を下げなくてもよくなったとニコニコしていました。家賃を下げると長い目で見て収入が激減するので大変なんですね。
宿泊者が増えているのでそのうち人に家を貸すのはやめて全部Airbnbにすることも考えているのだとか。
そんなに利益があがるのかと聞くと、何でも今世界遺産登録や円安の影響で日本への旅行者がとても増えていて需要がすごく高まっているのだそうです。確かに旅行者が増えたっていう話はよく聞きます。
しかも日本人って長期休暇が取れないので、旅行も1週間とか短期間しかしないけど、海外の人って長期休暇を取る習慣があるため旅行も1ヶ月とか長い期間滞在する人も多いそうです。そのためホテルに泊まっていたら宿泊代が高額になってしまう。いくら円安といってもそれでは大変なので宿泊代が安いAirbnbを選ぶ人も多いそうです。これから東京オリンピックも開かれるし日本の事が話題になるので、ますます需要は高まると考えているそうです。
やっぱりアパート経営している人は儲かる分野に対して敏感ですね。
ただやっぱり色々な人に貸すので掃除には気をつかうそうで、友達は掃除だけは専門の業者に頼んでいるのだとか。やっぱり清潔なところはどの国の人も気持ちが良いと思うらしく、きちんと清掃してあると評価があがるので人気になるそうです。やはり宿泊客を集めるには投資も大切なんだと思いました。

旅行するならAirbnb

Airbnbという旅先で現地のお宅を借りられるシステムが流行っているそうですね。

少し前に、B&Bという朝食と眠る場所 ―bed and breakfastという意味らしいですが― を提供するシステムが取り沙汰されたことがありましたが、定年後のご夫婦が始められたり、夕食を旅先で豪勢に食べたい方々が利用されたようですが、Airbnbはその進化版と言った感じなんでしょうね。

新聞でも取り上げられていましたが、なんでも、家具はもちろんのこと、冷蔵庫や洗濯機などの家電に、キッチンには鍋やフライパンの調理器具に食器までも揃えられているそうです。
旅先でも日常と変わらない生活を過ごせるということなんでしょうね。

現地により密着した生活体験は、ホテルや旅館に宿泊したのでは、経験できないことですし、ホームステイのようにホストの家族がいるわけでなありませんので、気兼ねや遠慮をする必要もありません。
そのうえ、これだけ色々な生活必需品が揃っているのに、ホテルや旅館に泊まるよりはウンと格安なんだそうです。

Airbnbに登録して、観光客相手にお宅を貸すことでかなりの収入を得ている人達も居るとも報道されていました。

格安で泊まれるうえに家まるごとですから、他の人に気兼ねなくのんびりするには良いかもしれません。

例えば、小さな子供さんが居てホテルや旅館だと他の宿泊客に気を使って疲れるといった場合や、家族が多いご家庭なんかでは一人一泊幾らというホテル代はかなり痛い出費になりますよね。
ある程度の大きさのお宅を選べば、何人で宿泊しても料金が変わらないのなら、多人数での旅行にはAirbnbがうってつけかもしれません。

また、普通の観光ツアーや名所めぐりでは物足りない方にも、現地密着型のAirbnbのシステムは魅力的じゃないでしょうか。
旅先の日常に触れるには、現地の人と同じような行動をするのが一番です。食事ひとつ作るにもまずは食材を調達しなければ行けませんから、お店での現地の人とのより深い交流が生まれることもあると思います。

ホテルに宿泊したのでは得られない貴重な旅の思い出作りには、Airbnbはピッタリなんだと思います。

Airbnb用の物件を選ぶポイント

これから物件を選んでAirbnbに登録し、たくさんのゲストに来てほしい。
そんなかたは物件選びに迷うことと思います。
当然、「交通の便が良い」「泊まりたいと思える部屋作り」「観光客がくる立地条件」が揃えば、文句はなさそうなのですが、さらにもう一押しです。
現在の日本では爆発的に増えているAirbnb利用者を快く思わないかたも多いのです。
無用なトラブルを起こさないよう、物件選びの際から気を付けておきたいところです。

まずは周囲に住んでいる人たちです。入居している人数が多いほど、またファミリー向けでの物件などでは管理会社にクレームが行く可能性が高くなります。
入居者が少なければ良いのでしょうが、そのような物件は魅力が乏しいのも現実です。
どのように解決したら良いかと言いますと、テナントが多く入っているようなビルで、上階が賃貸住居になっているものなどを選べば良いのです。このようなビルは住居部分も事務所にしている方が多いですね。テナントのかたたちや事務所のかたたちは夜はいませんので、周囲の目をあまり気にしなくても良くなります。ただし、管理人さんが駐在しているような物件は、やはりクレームが付かもしれませんので注意しましょう。
最近では大家さんが許可を出してくれている賃貸物件もあるのですが、周囲のかたからクレームが多くなると強制退去ということになりかねません。
また、オートロックではないこと、も重要なポイントです。
もしゲストに鍵を渡す時間がない場合、またはゲストが時間通りに来なかったような場合、鍵の受けわたしが非常にやっかいです。
こんな場合は慣れているゲストさんですと「ポストに鍵を入れておいてくれ」ということになることが多いのですが、オートロックではポストを開けることは出来ません。
その他の受け渡し方法を考えれば良いのでしょうが、この方法がポピュラーなようです。
ただし、オートロックが悪いかというとそうでもありません。その場合は代行業者に鍵の受け渡しを依頼するなどすれば良いでしょう。

未使用の建築物を有効活用出来るサービス

遺産相続によって手に入れた住居が放置される事があります。親が老衰によって生涯を全うすると古くなった住居だけが残されます。それらを引き継いだ所で誰も住む人が存在しないのです。古い住居であればリフォームして有効活用する手段もありますが、失敗した時にリフォーム費用を回収出来ないのでリスクが存在するのです。そのリスクは古い住居を壊して土地を再利用する場合にも発生します。つまり古い住居が存在している土地は有効活用しようとするだけで、リスクを抱える事になってしまうのです。それ故に解体工事に依頼する事もなく、古い建築物が取り残されたままの状態が作られてしまいます。問題は毎年必要な固定資産税の支払いだけですが、古い住居には虫や動物が住み着く事もあり、近隣の住民に迷惑を与えてしまう恐れがあるのも事実です。だから宙ぶらりんな状態の住居を保持する人は、日本のあらゆる場所において存在しています。それに一石を投じたと評されているのがAirbnbです。Airbnbは外国のとある人物がペアを組み構築したウェブサイトで、未使用の建築物を所有している人に登録を推奨しています。理由はAirbnbのウェブサイトを通じて、宿泊施設として貸し出したいと考えているからです。有効活用されていない物件を貸し出す事に成功すれば、少なくとも多少の売上を得る事は出来ます。中にはAirbnbを用いる宿泊希望者に上手くアピールして、本業を上回る収入を得ている人も存在するのです。Airbnbを利用する人の多くは、休息出来る拠点の確保と現地での生活を体験を目的にしています。よって古くなった家屋は逆に味のある建築物と評価され、利用者の間で話題になる事もあるのです。Airbnbの利用者のためにリフォームしなくても、十分な利益を得られる可能性があります。住居における古いという要素は本来であればデメリットでしかありません。宿泊施設の貸し出しサービスを用いる顧客層の考え方が良い作用を与えたと言えます。

Airbnbは日本でどこまで普及できるのか

Airbnbの日本での普及はなんだか法律の壁があって難しいようですが増えていないこともないみたいですね。
旅館業法という法律がそれらしいですが、法律の存在そのものがおかしいとは私は思いません。宿泊施設って
火事とか食中毒とか問題になることもあるので何も法的規制が無ければそのほうが問題だと思います。日本
以外の国でも同じような法律がある国はいくつもあるそうなので特に日本が異常だとか規制でがんじがらめ
ということではないでしょう。それでもAirbnbは世界にどんどん広がっていますし、日本も観光立国を目指している
以上何か手を打たないと増加する外国人観光客に宿泊面で対応が追いつかなくなるのではないでしょうか。
ホテルや旅館の建設といってもすぐにできる物ではないですし、Airbnbに登録されている物件も旅館業法上
グレーな扱いのまま増えていったのではいつか大きなトラブルになる恐れがある、というかもう既にトラブルに
なっているようです。なし崩しに法律を実質的無力化してしまうかそれとも時代に合わせて変えていくかどちらが
望ましいかといえば、日本は法治国家ですから後者に決まっています。2020年の東京オリンピックに向けて
これからますます観光客が増える、増やそうとしているのですから時間はありません。すぐに法律を時代に
対応させなければいけませんが、関係各省庁の思惑がそれぞれあってスムーズに行かないのはいつもの
事ですから大きなトラブルが起きるまでこのままの状態が続くかもしれませんね。今外国からの観光客が増えて
いるのは円安が大きな要因となっているのでこれが円高方向に向かえば確実に外国人観光客は減少します。
それでも国の長期的政策として観光立国を目指し、中国人観光客の爆買いに象徴される、外国人観光客という
消費者のおかげで膨らんだ経済は簡単にしぼませる訳にはいきません。円高傾向となっても外国から来てもらう
為には宿泊費用が安く済む方法なり施設なりを用意しておかなければならないと思います。その一つがAirbnbだと
思うので今のうちに早く法律を整備するべきなのですが、既得権益とか省庁間の綱引きとかどうとかこうとかで
いつまでも前に進まないのが日本のお役所ですからあまり期待はできませんね。

売りペンションを買い取ってAirbnbに登録

Airbnbが日本において圧倒的な勢いでシャアを伸ばしています。
ただ、日本には旅館業法という法律があるため、実は法律的にグレーでもあります。
Airbnbにホスト登録して摘発を恐れるのは杞憂だと思いますが、石橋を叩いて渡るような性格の人は、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。
日本でAirbnbの勢いが伸びているのは、円安と東京オリンピックの需要もありますが、圧倒的に宿泊施設の数が足りていない、ということも大きな原因です。さらに欧米のバックパッカーの中には、「現地の一般住居に泊まりたい」という需要が多いのです。
今、勢いはAirbnbにあります。
東京オリンピックまでは需要が増え続けるでしょう。それでも二の足を踏んでしまうかたは、法律的にホワイトな物件を選んでAirbnbを始めれば良いのではないでしょうか。
現在、日本への海外観光客の増加が続いていますが、日本国内での宿泊需要は減っています。その影響で廃業してしまう民宿やペンションが多いのです。
おそらく民宿やペンションのオーナーがAirbnbのサービスを知っていて、民宿やペンションのままAirbnbにホストとして登録すれば、売上が飛躍的に伸びると思います。
しかしながら、民宿やペンションのオーナ―も高齢化が進んでいます。Airbnbのようなサービスを理解できないかたも多いのでしょう。今現在では民宿やペンションの叩き売り状態になっているのです。
脱サラしてペンションを経営しようというかたは、いつでも一定数おられると思います。
今は参入に絶好のタイミングです。各地の観光地において民宿やペンションが格安で購入できることに加えて、Airbnbのホストとして登録すれば、世界中から観光客が呼び込めるのです。
辛いサラリーマン生活のうえ、希望退職の候補になっている方、もし割増で退職金がもらえるようでしたら、ぜひ民宿やペンションを格安で買い取って、Airbnbに登録することをおすすめします。
民宿やペンションなら、都道府県知事の許可もすでの取っ手いるわけですから、法律的にもホワイトなのです。