大学生時代にAirbnbを利用した時の思い出

今では知る人も増えてきたAirbnbというサービスですが、実際に利用したことのある人というのはまだまだ少ないかと思います。私も名前だけは知っていたものの、利用したことはいままでありませんでした。ですが、大学生だった時に、一人で海外旅行をする機会が訪れたのです。最初は親の勧めもあって、海外の普通の宿泊施設を利用するつもりでしたが、それではなんだかつまらないと思えてきました。せっかくいく海外なのですから、とびっきり普段とは違う、特別な体験をしてみたいと思ったのです。
そういった経緯から、私はAirbnbというサービスを利用することにしました。このサービスについて簡単に説明しときますと、宿泊施設でもない、普通の現地の家に泊まることの出来るサービスです。その家を貸し出してくれる現地のホストの方と交流することも出来ますので、普通にツアーを組んで海外旅行をするよりもより密にその国のことを知ることができます。
私が言った国はヨーロッパの方の国だったのですが、ヨーロッパ圏はアジア人に対しての差別が多いことで有名な地方です。正直そういった土地柄であることは知っていたので、アジア人である私がAirbnbを利用して現地の住宅に泊めてもらうことにも多少不安がありました。
私がしていた不安は完全な杞憂として終わります。Airbnbに登録するような人は恐らく皆他の国の人との交流を求めているのでしょう。差別といったことは全く感じることなく、楽しく一週間を過ごすことが出来ました。
宿泊施設などで出てくる料理というのは、現地の味を銘打っていてもなんだかんだで観光客好みの味付けに変えてあることが多いそうです。ですが現地に住む人が出してくれる手料理であれば、間違いなくその土地に根付いた味ですので、よりその土地を感じることができるというわけですね。
最初は誰しもが不安に感じるかと思いますが、一度利用してみたらコレ以上に良いものは無いと感じることが出来るでしょう。

海外旅行を快適に過ごせるAirbnb

海外旅行をするときには、通常ではホテルに宿泊することになります。ホテルに宿泊することによって、色々な観光地に行くことができるようになりますし、ホテルに戻って体を休めることができます。旅行のとき体を休めるのは非常に重要でして、環境が違うので疲れやすくなっています。疲れたまま海外旅行に行っても楽しさが半減してしまいますので、体力の回復は非常に重要です。体調が悪くなってしまうと、風邪をひいたりしてしまうことも考えられるので、海外旅行が台無しになってしまいます。ホテルは非常に有意義に過ごすことができるのですが、他の旅行客が多かったり費用が高くなってしまったりと色々なデメリットもあります。また、ホテルは普段の自宅の雰囲気とは大きく変わってしまうことになりますので、中々眠ることができない方もいます。ホテルに泊まりたくないと考えているときは、現地の住宅を借りることができるAirbnbを活用すると良いでしょう。Airbnbは、現在ではあまり有名ではありませんが、画期的なサービスを提供してくれているものです。Airbnbには、現地で貸し出しても良いという住宅が色々載っていますので、そこを借りて海外旅行で宿泊する場所として利用することができます。料金に関しても、はっきりと明示されているので安心です。例えば、ロンドンに旅行に行きたかったとすると、通常ではロンドンのホテルに宿泊することになるのですが、Airbnbならロンドンの住宅を借りて宿泊することができるようになります。ロンドン以外にもアメリカの都市やフランスのパリなど世界各国の住宅を借りることができます。ホテルに宿泊するとなると、基本的には世界で大きな違いはありませんが、現地の住宅に宿泊すれば現地の住宅の文化と触れ合うことができます。また、住宅を貸し出している方とのコミュニケーションを取ることもできますので、住宅や会話など様々な文化を吸収して海外旅行を楽しむことができます。

Airbnbで暮らすように旅をしよう

自宅をホテルのように旅行客へ貸し出す民泊サービスが世界的な流行を見せています。その火付け役は、2008年にアメリカで創業されたAirbnbというベンチャー企業。このAirbnbが開いたサイトが仲介となって、部屋を貸したいホストと部屋を借りたいゲストが、インターネット上で結びつけられることになったのです。現在、世界192カ国の60万件以上の物件がAirbnbに登録されていて、その利用者は毎晩50万にものぼるそうです。日本でも東京や京都を中心に約8000件の物件が登録されているとのこと。2020年には東京オリンピックが開催されますし、日本での登録件数も今後ますます増えていきそうです。

では、このAirbnbを利用すれば、どんな旅ができるのでしょうか?Airbnbのキャッチフレーズは「暮らすように旅をしよう」です。Airbnbに登録されている物件はホテルではなく普通の民家やマンションの一室。したがって、現地人の生活に溶けこむような旅をしたいという人に、Airbnbはうってつけのサービスなのです。旅好きの私は、Airbnbが提唱する新しい旅のスタイルに共感しています。そして、海外を旅行する際には、Airbnbに登録されている物件にたびたび宿泊するようになりました。ホテルの部屋は世界中どこも同じような造りになっていますが、現地人が実際に暮らす民家には地域や民族ごとの特性があらわれていて、この上なく旅情をそそられます。また、レストランで食事するのもよいですが、現地人がつくった家庭料理を頂くことも他では得がたい素晴らしい経験となります。これらのことは、ホテル泊のツアー旅行では決して味わうことができないでしょう。

お客さん気分でホテルや旅館に泊まる旅のスタイルはもう古いのかもしれません。これからは、「暮らすように旅をする」時代なのです。Airbnbが開いた新しい旅のスタイルに関心を抱かれた方は、次の旅先では民家に泊まってみてはいかがでしょうか?きっと、忘れがたい旅になるでしょう。

旅の醍醐味を味わえるサービスについて

これまでは治安が不安定だった地域が平和を取り戻すケースが増えています。それにより旅行がブームになるという影響が出ているのです。高尚な文化や歴史の遺物が存在する地域にも関わらず、旅行者が少ない観光地が存在したのは治安が悪かったせいだと言えます。不安の種を取り除く要素が現れれば、旅を趣味にする人が増えるのは当然です。しかし旅行のツアーに参加する形式だと、表面的な文化しか楽しめない場合があります。それは有名なホテルに宿泊して名所を準々に見ていくだけだからです。

自由時間が設けてはあるものの穴場スポットを見過ごすリスクが高くなる事は間違いありません。それに加えて有名ホテルではより多くの人が受け入れられる様に、高度なサービスが提供されます。場合によっては地域の特色や文化の持ち味を出さないホテルも存在するのです。それでは旅の醍醐味を楽しみにしている人が満足出来る事はあり得ません。その問題をフォローすべく一つのサービスが開発されました。Airbnbと呼ばれる一般人の住居を宿泊先として提供するサービスです。Airbnbは正確にはウェブサイトの名称であり、登録者が未使用の物件を一時的に貸し出す事で成り立っています。遺産相続した折に古い住宅が放置されている事があり、それに手を加えたり解体するのには費用が必要です。投じた費用に見合うリターンが存在しなければ出費しただけで終わってしまいます。だから昨今の古い住宅は再利用に関係するサービスが利用されているのです。

その中でもAirbnbは特別な工事を必要としないので、多くの人から人気を集めています。古い家屋は文化が色濃く残っている事で利用希望者が後を絶たないのです。実際にAirbnbのサービスを利用する人は様々な性格であるため、利用後に住居が汚れている事もあります。しかし普段は未使用の住宅を貸出しているだけなので、登録者は大きなダメージだとは考えていません。それどころか未使用の住居で利益が得られる事を歓迎しています。

Airbnbは旅館不足を解消出来る可能性がある

今Airbnbが話題となっています。本日はそんな話題となっているAirbnbによって旅館をどのように活用できるか考察していきたいと思います。Airbnbについてはこちらの主婦がairbnb代行使って副業中!空き部屋を使って月収50万円に掲載されいます。観光地として知られている場所が常に人で溢れている状態だとは限りません。限られた季節しか鑑賞を楽しめない観光スポットが存在しているからです。そして限定される環境では安定した収入を見込めないケースがあります。それが理由で宿泊施設不足に悩まされる地域があるのです。旅館の開業期間を限定して観光客が多く訪れる時だけ運営される場合もありますが、そのやり方は全ての顧客の希望を満たしていません。なぜなら一般的な宿泊施設の条件だと考えられているのは、高額な支払いに見合う手厚いサービスだと考えられているからです。

観光スポットを楽しむ事は人生において特別なイベントであるため、僅かなサービスの手抜かりを許せない人もいます。その問題をクリアする事は限定的に雇用するスタッフで構成される旅館では荷が重いのです。だから旅館を営業する経営者は減り続けていると言われています。しかし実はその問題点をフォロー出来る存在が登場しているのです。それはAirbnbと呼ばれる新時代のサービスを指します。Airbnbは誰も利用していない建築物を、有効活用するために開発されたサービスです。Airbnbのサービスを提供したいと考えている人は、ウェブサイトに登録して利用者が現れるのを待つ事になります。そして宿泊施設として利用したいという顧客が現れたら、直接的なやり取りを行って住居を貸し出すのです。Airbnbを活用している人は宿泊施設の様な手厚いサービスを期待していません。

よって宿泊施設として利用出来る建築物を所有していれば、誰もがAirbnbのサービスを提供する側の立場になれます。旅館の様な特別なサービスは提供されないため、一般的な宿泊サービスよりも料金が安い事も利点です。長期的に宿泊したいと考えている人は、旅館に居続けるためのお金を気にします。しかし住居の一時的な貸し出しサービスであればお金を節約出来るのです。そして将来的に住居貸し出しを許可する登録者が増えると予測されています。

Airbnbでトラブルになった時は

最近ちょこちょこニュースでもAirbnbの事が出るようになりました。内容としては、日本国内ではAirbnbは無許可でできるため、違法ではないか、という事です。ホテルや旅館など金銭を払って人を宿泊させる施設は届け出が必要であり、営業許可を受けるためには建物が防火設備が整っているか、避難経路は確保されているか等の厳しいチェックがあります。そうしたチェックに合格して営業ができるのであり、それに比べてAirbnbは金銭を払って宿泊させるという点では同じだけど、そうした届け出が不要であることが問題と言われています。

旅館業者やホテル業者からすると大事なお客をAirbnbにとられるので、いい分はよく分かります。確かに安全の面からも今のままではAirbnbは問題かと思います。しかし私が気になるのは他の点でのトラブルです。我が家には4歳と1歳の子供がいます。今は子連れでAirbnbを楽しむ人もいますが、Airbnbが普及すれば今後もそういった世代は増えていくと思います。私がAirbnbを子連れで使用するときの心配点は、家の中にある備品を壊したときの事です。ホテルや旅館は最初から部屋にほとんど何もない状態なので、特に心配はありません。

しかしAirbnbは一般の家や部屋を貸し出すサービスであり、家電や家具、装飾品なども最初から全てそろえてある状態です。もちろん割れものもあります。我が家の動きたい盛りの子たちが、もし誤ってそうした備品を壊した際はどうなるのだろうか、とふと疑問になりました。Airbnbはあくまでも仲介サイトなので、基本的にやりとりは家のオーナーと借りる側との直接交渉です。そのため備品が壊れた際などはオーナーに直接説明して弁償などになるかと思いますが、そうした時の規定がはっきりしないのもAirbnbの不安定の要因です。もし壊した備品が高額な物だったら、と考えると、それだけでもAirbnbを利用するのが怖くなります。

またオーナーは本当にいい人ばかりなのか保証もありません。Airbnbが普及するのにはもう少し時間がかかりそうです。

Airbnb(エアビーアンドビー)の良い所

現在、Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスが大変人気となっています。こちらのairbnb代行・エアビーアンドビー掃除代行お任せ下さい!《Airbnb Supporters》 ではAirbnbのサービスについてわかりやすく説明しているので是非覗いてみてください。
Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスですが、まずはこうしたサービスは、非常に便利であるというメリットがあります。
世界中で、自宅、またマンションなどを借りることができますので、ホテルとは違った旅を楽しむことができますし、またホテルに飽きたという人も、新しいオリジナリティあふれるたびなどを計画することができます。
また、現地の家に滞在するということで、現地の生活感などを楽しむことができますし、現地の文化を堪能することができるというメリットがあります。
また、こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスですが、とてもサービスが充実していて、たとえば、ものが壊れてしまった場合や、また何かあった時の補償などもしっかりとしているということが大きなメリットです。
個人の間でこうした貸し借りなどをするというのはとても難しいものですし、不安なこともあると思います。
しかし、こちらのサービスでは、すべてエアビーアンドビーが代行してくれますし、仲介役をしてくれるということになりますので、たとえば、料金が未払いであるということなどもありませんし、安全に使用することができるのです。
こうしたエアビーアンドエアビーですが、このようにメリットがたくさんあります。
サイトなどのホームページでは、イメージ写真なども見ることができますし、またホストの写真や、またさまざまな住宅を検索したりすることができます。
現地の家を借りたいと考えている場合は、こうしたホームページの条件からピックアップをしてみるとよいと思います。
このように、さまざまなメリットがありますので、旅が好きな方や、世界中に旅をしたいと考えている人にはとてもおすすめとなっています。
また、こうしたサービスを受けるのには、誰もが登録をすればできますので、とても気軽に利用できるというのがメリットです。

アパート経営している友人はAirbnbで儲けているらしい

アパート経営をしている友人が、最近空き室が増えて入居者を集めるのが大変なので家賃を下げないといけないかもしれないと悩んでいたのですが、Airbnbを始めてからその悩みが解消したそうです。
Airbnbのことを全く知らなかったので、それ何って聞いたら空き室に入居する人を探すのをやめて旅行者に貸すことにしたのだとか。
インターネットの世界では旅行者にホテルではなくて泊まれる家を紹介するシステムがあるそうです。それがAirbnbで、サイトに登録しておくと宿泊希望者を紹介してもらえ、宿泊者が決まったら手数料をサイトに支払えば良いだけです。空き室が有効利用できるようになったので家賃を下げなくてもよくなったとニコニコしていました。家賃を下げると長い目で見て収入が激減するので大変なんですね。
宿泊者が増えているのでそのうち人に家を貸すのはやめて全部Airbnbにすることも考えているのだとか。
そんなに利益があがるのかと聞くと、何でも今世界遺産登録や円安の影響で日本への旅行者がとても増えていて需要がすごく高まっているのだそうです。確かに旅行者が増えたっていう話はよく聞きます。
しかも日本人って長期休暇が取れないので、旅行も1週間とか短期間しかしないけど、海外の人って長期休暇を取る習慣があるため旅行も1ヶ月とか長い期間滞在する人も多いそうです。そのためホテルに泊まっていたら宿泊代が高額になってしまう。いくら円安といってもそれでは大変なので宿泊代が安いAirbnbを選ぶ人も多いそうです。これから東京オリンピックも開かれるし日本の事が話題になるので、ますます需要は高まると考えているそうです。
やっぱりアパート経営している人は儲かる分野に対して敏感ですね。
ただやっぱり色々な人に貸すので掃除には気をつかうそうで、友達は掃除だけは専門の業者に頼んでいるのだとか。やっぱり清潔なところはどの国の人も気持ちが良いと思うらしく、きちんと清掃してあると評価があがるので人気になるそうです。やはり宿泊客を集めるには投資も大切なんだと思いました。

旅行するならAirbnb

Airbnbという旅先で現地のお宅を借りられるシステムが流行っているそうですね。

少し前に、B&Bという朝食と眠る場所 ―bed and breakfastという意味らしいですが― を提供するシステムが取り沙汰されたことがありましたが、定年後のご夫婦が始められたり、夕食を旅先で豪勢に食べたい方々が利用されたようですが、Airbnbはその進化版と言った感じなんでしょうね。

新聞でも取り上げられていましたが、なんでも、家具はもちろんのこと、冷蔵庫や洗濯機などの家電に、キッチンには鍋やフライパンの調理器具に食器までも揃えられているそうです。
旅先でも日常と変わらない生活を過ごせるということなんでしょうね。

現地により密着した生活体験は、ホテルや旅館に宿泊したのでは、経験できないことですし、ホームステイのようにホストの家族がいるわけでなありませんので、気兼ねや遠慮をする必要もありません。
そのうえ、これだけ色々な生活必需品が揃っているのに、ホテルや旅館に泊まるよりはウンと格安なんだそうです。

Airbnbに登録して、観光客相手にお宅を貸すことでかなりの収入を得ている人達も居るとも報道されていました。

格安で泊まれるうえに家まるごとですから、他の人に気兼ねなくのんびりするには良いかもしれません。

例えば、小さな子供さんが居てホテルや旅館だと他の宿泊客に気を使って疲れるといった場合や、家族が多いご家庭なんかでは一人一泊幾らというホテル代はかなり痛い出費になりますよね。
ある程度の大きさのお宅を選べば、何人で宿泊しても料金が変わらないのなら、多人数での旅行にはAirbnbがうってつけかもしれません。

また、普通の観光ツアーや名所めぐりでは物足りない方にも、現地密着型のAirbnbのシステムは魅力的じゃないでしょうか。
旅先の日常に触れるには、現地の人と同じような行動をするのが一番です。食事ひとつ作るにもまずは食材を調達しなければ行けませんから、お店での現地の人とのより深い交流が生まれることもあると思います。

ホテルに宿泊したのでは得られない貴重な旅の思い出作りには、Airbnbはピッタリなんだと思います。

Airbnb用の物件を選ぶポイント

これから物件を選んでAirbnbに登録し、たくさんのゲストに来てほしい。
そんなかたは物件選びに迷うことと思います。
当然、「交通の便が良い」「泊まりたいと思える部屋作り」「観光客がくる立地条件」が揃えば、文句はなさそうなのですが、さらにもう一押しです。
現在の日本では爆発的に増えているAirbnb利用者を快く思わないかたも多いのです。
無用なトラブルを起こさないよう、物件選びの際から気を付けておきたいところです。

まずは周囲に住んでいる人たちです。入居している人数が多いほど、またファミリー向けでの物件などでは管理会社にクレームが行く可能性が高くなります。
入居者が少なければ良いのでしょうが、そのような物件は魅力が乏しいのも現実です。
どのように解決したら良いかと言いますと、テナントが多く入っているようなビルで、上階が賃貸住居になっているものなどを選べば良いのです。このようなビルは住居部分も事務所にしている方が多いですね。テナントのかたたちや事務所のかたたちは夜はいませんので、周囲の目をあまり気にしなくても良くなります。ただし、管理人さんが駐在しているような物件は、やはりクレームが付かもしれませんので注意しましょう。
最近では大家さんが許可を出してくれている賃貸物件もあるのですが、周囲のかたからクレームが多くなると強制退去ということになりかねません。
また、オートロックではないこと、も重要なポイントです。
もしゲストに鍵を渡す時間がない場合、またはゲストが時間通りに来なかったような場合、鍵の受けわたしが非常にやっかいです。
こんな場合は慣れているゲストさんですと「ポストに鍵を入れておいてくれ」ということになることが多いのですが、オートロックではポストを開けることは出来ません。
その他の受け渡し方法を考えれば良いのでしょうが、この方法がポピュラーなようです。
ただし、オートロックが悪いかというとそうでもありません。その場合は代行業者に鍵の受け渡しを依頼するなどすれば良いでしょう。